カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

【カバーランド】ではカバーライトの裏起毛付きのボディカバーを販売~ボンネットに原因不明のヘコミができるワケ~

ボンネットにヘコミができてしまう原因

ボンネットにヘコミができてしまう原因

そもそもボンネットは、障害物や交通事故の衝撃を和らげるために、柔らかい素材でできています。使用されている鉄板は薄く、メインフレームと外のパネル部分の間には空洞があります。そのため、少しの衝撃を受けることでヘコミやすくなっているのです。

このような性質から、原因不明のヘコミに悩まされる方は少なくありません。原因不明のヘコミは、以下のようなケースによってできることもあります。

»小動物による影響

鳥や猫などの小動物の影響で、ボンネットにヘコミができてしまうことがあります。例えば鳥が空から木の実を落としたり、猫が移動する際にボンネットに飛び乗ったりすることで、ヘコミができてしまうのです。

»飛び石の影響

走行中の車がはねた飛び石がボンネットへ当たることで、ヘコミができる場合があります。

»雹害

雹が降ってきたことによりボンネットにヘコミができる場合があります。雹は小粒のイメージが強いですが、中には直径5cm以上の大きいものもあります。雹害は上空と地上の気温差が大きくなることで起こり、地域によって異なりますが一般的に6・9・10月に発生しやすいです。

ボンネットのヘコミを作らないための対策

知らない間にボンネットにヘコミができてしまうと、大切な愛車の見た目に影響しますし、修理費用なども発生するためショックを受けるかと思います。いつの間にかヘコミができていたという事態を防ぐためにも、下記の対策方法を試してみてください。

»開閉は優しく行う

ボンネットの開け閉めの際、指や手で押すような衝撃は与えないようにすることがポイントです。高い位置から落とすようにして、ボンネットを閉めるのが理想となります。よく給油所などでボンネットを閉める際に高い位置から手を離していますが、それはボンネットに余計な衝撃を与えないための方法です。押さなくてもボンネットの重みできちんと閉まります。

»駐車場に車と自転車を一緒に停めない、自転車の近くに駐車しない

自転車がぶつかってしまったり、倒れてしまったりすることでボンネットにヘコミができるケースがあります。そのため、自転車を保有している方は、駐車場に車と自転車をできるだけ一緒に停めないように心がけ、車で外出の際も、自転車の近くはなるべく避け駐車しましょう。

»ガソリンスタンドで窓拭きは遠慮する、事前の声かけをする

ほとんどのガソリンスタンドでは、サービスの一環として窓拭きを行っています。ただ、その際にフロントガラスを拭こうとして、ボンネットに手をついてしまいヘコミができるケースがあります。心配であれば窓拭きは遠慮するか、事前にボンネットに手をつくことがないよう声かけをしましょう。

カバーライトの正規販売代理店【カバーランド】は裏起毛付きのボディカバーをご推奨

カバーライトの正規販売代理店【カバーランド】は裏起毛付きのボディカバーをご推奨

ボディカバーはお車を様々なダメージから守るために、とても有効です。

【カバーランド】のボディカバーは生地を5枚重ねた裏起毛付き5層構造のしっかりした造りですので、ボンネットの猫の足跡や鳥のフン害などの対策にもおすすめです。ボディカバーを掛けておくことで傷やホコリなどの汚れからお車を守るだけでなく、車種を特定しにくくなりイタズラ対策にも有効です。

【カバーランド】のボディカバーは、ボディに優しい裏起毛付き、紫外線防止効果、撥水加工、高通気性など機能性に優れたボディカバーですので品質にもきっとご満足いただけます。愛車保護にぜひお役立てください。

お役立ちコラム

カバーライトのボディカバーを購入するなら【カバーランド】へ

ショップ名 自動車ボディカバー専門店 COVERLAND (カバーランド)
所在地 〒321-0201 栃木県 下都賀郡壬生町 安塚 908-12
電話番号 0282-85-1607
URL //www.coverland.co.jp
概要 【カバーランド】の通販では、最高級生地を使用した裏起毛付き5層構造のボディカバーを販売しております。国産車・輸入車を問わずご利用できますので、大切な車を傷から守りたい方はぜひお求めください。

ページトップへ