RSS

裏起毛付きの車のカバーは着脱が簡単で初心者にもおすすめ!〜シートの汚れの種類と対策について〜

シートの汚れの種類

シートの汚れの種類

シートの汚れには様々な種類があります。代表的な汚れについてケース別でご紹介いたします。

»ジュースやコーヒーなどの飲み物による「液体汚れ」

お子様がうっかりシートに飲み物をこぼしてしまった、走行中に道路条件が悪くこぼれてしまった、急発進や急ブレーキなど予期しない揺れでこぼれてしまったなどで、液体がシートに染み込んだ汚れです。

»ガムやシールなどによる「頑固な汚れ」

気づかないうちにお子様がガムやシールをシートにつけてしまった、楽しい移動中の飲食で食べたものをこぼしてしまったなど、長い時間をかけてこびりついた汚れです。表面の汚れのみ拭き取り、すぐに対処したとしても、しっかりと除去できていないと蓄積された汚れが残ってしまいます。

»汗や動物などによる「奥まで染み込んだニオイ」

シートにこぼしてしまった飲みものや汗のニオイ、猫・犬などペットのニオイが付着し、奥まで染み込んでしまった気になるニオイの発生源です。

シートに付着した汚れとニオイのお手入れ方法

シートに付着した汚れを落とすためには、汚れの種類に応じたお手入れが必要です。

»液体汚れのお手入れ方法

液体汚れはシートに浸透しているか、まだ浸透していないかでお手入れ方法を変えます。まだ奥まで浸透していない汚れの場合は、水をかけて汚れを浮かせながら中性洗剤を使ってブラシがけをします。最後にタオルで汚れを取り除くように拭き取って終了です。この時、シートを傷めないように丁寧にブラシがけをするのがポイントとなります。シートに浸透している場合は、液体クリーナーをシートに十分に染み込ませ、クリーナーごと吸引して汚れを取り除きます。どちらも一度で汚れが落ちにくい場合は、何度か同じ作業を繰り返してみてください。

»頑固な汚れのお手入れ方法

ガムやシールなど粘着質の汚れがこびりつくと、取り除くのに時間がかかってしまいます。そのため、付着したらすぐに取り除くことが大事です。粘着性の汚れの場合は、冷やして固めて取り除くのが効果的なため、保冷剤などを使い凍らせて固めてください。

»奥まで染み込んだニオイのお手入れ方法

シートの奥まで染み込んだニオイは、希釈した酵素系の溶液をシートに吹きかけて、タオルで取り除きます。この時、塩素系の溶液だとシートの色落ちに繋がるため、使用は避けるようにしてください。また、一度では取れない場合がありますので、何度か行ってみるのもポイントです。市販の消臭剤の併用も効果的です。

裏起毛付きの車のカバーは「COVERITE(カバーライト)社」の製品を〜着脱が簡単だから初心者にもおすすめ!〜

裏起毛付きの車のカバーは「COVERITE(カバーライト)社」の製品を〜着脱が簡単だから初心者にもおすすめ!〜

カバーは愛車保護の必須アイテムです。中でも裏起毛付きの車カバーはおすすめです。【カバーランド】の「COVERITE(カバーライト)社」の製品はぜひお試しいただきたい逸品です。起毛の滑りの良さでスルスルっと簡単に着脱でき、ワンタッチベルトでしっかり固定できるため、車のカバーを初めて使用する方にもおすすめです。

国産車・輸入車を問わずたくさんのサイズをご用意しておりますので、大切な愛車の保護にぜひお役立てください。15年以上の実績を持つ車カバーの専門店として、強度に優れた最高品質のカバーをお届けいたします。

お役立ちコラム

車のカバーをお求めなら【カバーランド】へ

ショップ名 自動車ボディカバー専門店 COVERLAND (カバーランド)
所在地 〒321-0201 栃木県 下都賀郡壬生町 安塚 908-12
電話番号 0282-85-1607
URL //www.coverland.co.jp
概要 【カバーランド】の通販では、最高級生地を使用した裏起毛付き5層構造のボディカバーを販売しております。国産車・輸入車を問わずご利用できますので、大切な車を傷から守りたい方はぜひお求めください。

ページトップへ