RSS

【カバーランド】が取り扱う厚手の自動車のカバーは傷がつきにくい〜タイヤワックス「油性」「水性」の違い〜

油性のタイヤワックスとは?

油性のタイヤワックスとは?

油性のタイヤワックスとは、石油系溶剤の中にシリコンが入っているワックスです。油性タイヤワックスには、このようなメリットがあります。

  • ツヤが出やすい
  • 雨が降ってもワックスが落ちにくい
  • タイヤワックスの塗布が簡単
  • 低価格
  • タイヤに汚れがつきにくい

嬉しいメリットがたくさんありますが、懸念点もあります。石油系溶剤が含まれているため、タイヤゴムに浸透するとタイヤは劣化しやすくなってしまうのです。使いやすい反面、タイヤの寿命が短くなるリスクも潜んでいます。

水性のタイヤワックスとは?

水性のタイヤワックスは、水の中にシリコンが入っているワックスです。多少石油系溶剤は含まれていますが、油性ワックスに比べると少ないです。水性タイヤワックスには、このようなメリットがあります。

  • 石油系溶剤の含有量が少ないためタイヤがみにくい
  • タイヤが長持ちする
  • タイヤを保護する効果があり、ひび割れや色あせを防ぐことができる
  • タイヤが汚れにくくなる

油性タイヤワックスにはないメリットがありますが、懸念点もあります。水性タイヤワックスは、油性ワックスに比べて施工が難しく、価格が高めです。水性タイヤワックスの施工が難しい理由としては、その性質に目を向けるとわかりやすいです。

もともと混ざりにくい水と油を分散という特殊な技術を用いてワックスにしているため、使用する水性タイヤワックスによっては液ダレする可能性があります。そのため、初めて使用するという方・あまり使い慣れていない方の場合、ワックスを塗り終わった際に艶が濃い部分・薄い部分などが発生し、仕上がりに差が出てきてしまいます。このように、綺麗に塗るのはテクニックが必要なため、慣れないと使い方が難しいです。カーディーラーなどでよく使用されています。

油性と水性どちらがいいのか

タイヤワックスは、油性にも水性にもメリット・デメリットがあるため、タイヤの劣化具合や目的に合わせて選ぶのがおすすめです。タイヤがあまり劣化していない、新品の場合は油性ワックス、タイヤに少しでも亀裂があり劣化が進行している場合は、水性ワックスが適しています。

自動車のカバーは厚手で傷がつきにくいタイプがおすすめ!

自動車のカバーは厚手で傷がつきにくいタイプがおすすめ!

タイヤの汚れはワックス、ボディーの汚れは自動車カバーで防ぐことができます。

【カバーランド】は、自動車カバーの専門店であり、「COVERITE(カバーライト)社」の正規代理店です。自動車カバーの最高峰である「COVERITE(カバーライト)社」と【カバーランド】が提携し作成しているオリジナルボディカバーは、生地を5枚重ねた厚手の高品質な車カバーです。

ボディーに傷がつきにくく、愛車をホコリや紫外線など様々なダメージから守ることができます。国産車・輸入車を問わず様々な自動車に合うカバーをご用意しておりますので、愛車にぴったりのサイズをお選びください。

お役立ちコラム

自動車のカバーをお探しの方は【カバーランド】へ

ショップ名 自動車ボディカバー専門店 COVERLAND (カバーランド)
所在地 〒321-0201 栃木県 下都賀郡壬生町 安塚 908-12
電話番号 0282-85-1607
URL //www.coverland.co.jp
概要 【カバーランド】の通販では、最高級生地を使用した裏起毛付き5層構造のボディカバーを販売しております。国産車・輸入車を問わずご利用できますので、大切な車を傷から守りたい方はぜひお求めください。

ページトップへ