カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

車に付着する3つの汚れ

水性汚れ

水性汚れ

水性汚れは水でサッと流すだけで落とせる比較的落としやすい付着物のことです。

ほこりや泥、砂などが挙げられます。洗でほとんど落とすことができますのでそこまで気にならない汚れではありますが、長く放置していると頑固な汚れとなってしまうことがあります。

そのため、水性汚れを見つけた場合は水洗いや洗車をするなどして、できるだけ早めに落とすようにしましょう。また、その際は拭き取り作業もお忘れなく。

油性汚れ

ガソリンや指紋・食べ物などの油性の汚れはボディーの表面にこびりつく上に水をはじいてしまうため、水洗いではなかなか落としきれません。

さらに、油性汚れを放っておくと紫外線やボディーの熱で酸化し、より頑固な汚れに変化してしまいます。

そのため、水性汚れ同様、汚れがついたら早めに洗車を行いましょう。油性汚れの場合は水洗いではなく洗剤を使って丁寧に落とすのがコツです。

その他の付着物と対策

その他の付着物

車は水性・油性汚れの他にも様々な要因で汚れが付着します。

例えば、工事現場や電車のレール・車輪が削れて飛んできた鉄粉、道路のタールのはね(ピッチタール)、鳥の糞などです。鳥の糞は早めに気づけばすぐ落ちる汚れですが、鳥の糞には鉄を腐食させる成分が含まれているため、注意が必要です。

また、鉄粉はボディーの表面に食い込んで錆びを誘発させてしまいます。ピッチタールはシミや変色の原因となります。鉄粉やピッチタールは洗車だけでは落とせませんので、汚れをきれいに除去するには専用のクリーナーが必要です。

雨の日の泥はねやほこり、砂、鳥の糞、鉄粉などは、走行時だけでなく駐車している間にも付着する可能性があります。「駐車時の汚れをできるだけ防ぎたい」とお考えの方は、カバーランドの自動車用のボディーカバーをぜひご利用ください。

カバーランドのボディーカバーは通気性が良く、防水・紫外線カット加工や着脱のしやすさがとても人気です。BMWセダンベンツなど幅広い車種のカバーをご用意していますので、ボディカバーをご購入の際は一度カバーランドまでご連絡ください。旧車やカスタムしたお車もお気軽にご相談ください。愛車に合ったボディーカバーがきっと見つかると思います。

お役立ちコラム

起毛のついたやさしい素材を使用した車のカバーをお探しならカバーランド

ショップ名 自動車ボディカバー専門店 COVERLAND (カバーランド)
所在地 〒321-0201 栃木県 下都賀郡壬生町 安塚 908-12
電話番号 0282-85-1607
URL http://www.coverland.co.jp/

ページトップへ